Loading…

勿体ない。

Posted by 遠山光 on 27.2015 読書   0 comments
作家の火坂雅志さんが亡くなりましたな。
…早いなぁ、58歳。
「骨董屋征次郎」面白く読みました。
体大切にしましょう。
スポンサーサイト

睡魔。

Posted by 遠山光 on 29.2014 読書   2 comments
日中、暑いせいか本を読んでいると眠くなります。
「技法と作品 研磨・彫刻編」が手に入りました。
オークションでは2万以上しますが…五千円+消費税で買えました。
砥ぎは分からないんですが…少しずつ読みます。
来月「酔いどれ小藤次」の新刊が出るようです。
タイトルが「新・酔いどれ小藤次」となっていたので新シリーズとして始まるようです。
「村上海賊の娘」もけっこう前に古本で手に入れましたが…実はまだ読んでいません。
忘れた頃に読むかな。

ここ数日は夜になるとけっこう涼しく(17度くらい)過ごしやすいです。
タンクトップにハーフパンツだとちと寒いくらい。
このままお盆になると良いんですが…。
ああ、二週間もしたら墓掃除に行かなきゃ。
誰も墓参りに来ないのにせっせと墓掃除。

茶杓。

Posted by 遠山光 on 18.2014 読書   0 comments
rikyuno.jpg
日本刀関連の小説も多く書かれていた山本兼一氏の「とびきり屋見立て帖 利休の茶杓」。
今回は茶碗や茶杓、自在置物などが出てきます。
これが最後の本になるんでしょうかね。
それにしても大した生産量です。

小藤次。

Posted by 遠山光 on 24.2014 読書   2 comments
「酔いどれ小藤次留書」をこの間まで読んでいました。
この先生も山本兼一先生同様、もの凄い量を書きますなぁ…。
やはり時代小説、歴史小説と言うより娯楽小説でしょうか。
小藤次は父親から仕込まれた研ぎを生業としているわけですが、(執筆にあたって刀剣や研ぎの取材も色々とされているようで)具体的な描写も出てきます。
ただ…読んでいて小藤次の研ぎは少なくとも江戸時代の研ぎではなく現代のそれのような気がしました。
小藤次は来島水軍の末裔なんだそうです。
(村上水軍とどう違うのかよく分からないんですが…)
差し料は備中次直、二尺一寸三分。はて…南北朝の刀工なんですが短い。
先祖が戦場で拾ってきたという設定でした。
他に虎徹の脇差、孫六兼元の刀など。…まあ小説ですから。
水軍つながりで「のぼうの城」の和田竜先生の「村上海賊の娘」も面白そうです。
いつも古本で買うので早く安くならないかな、と今から古書価格をチェックしてます。

久しぶりに濃厚豚骨魚介のつけ麺食べました。
約二ヶ月ぶりでしょか。
…大盛りにすれば良かった。美味くて堪らん。
今月限定のメニューもあるようなのでそれも食べに行かなくては。

市内はまだあちこちに雪の山が出来ていました。
車や歩行者が不自由無く通行出来るようになるまで、まだまだかかりそうな感じです。
今週は温かくなるようなので期待しましょ。

酔いどれ。

Posted by 遠山光 on 31.2013 読書   0 comments
酔いどれ小藤次留書を読んでます。全部古本。
う~ん、時代小説と言うより娯楽小説ですかな。
NHKでドラマになっていたようですが一度も見ていませんでした。
再放送しないかな…。
  

プロフィール

遠山光

  • 遠山光
  • マンガ家。
    長野県在住。1982年「ラジカルC調コネクション」でデビュー。
    主な作品・ハートキャッチいずみちゃん(1983)/おてやわらかにぴんく(1985)/胸キュン刑事(1987)/旅だて!Jr.(1989)/ティンクルティンクルアイドルスター(1992)/Tokyoヤドカリ物語(1993)/ハートにピアス(1995)/夢見てMIRAI(1997)/保健室 秘密の花園(2000)/特捜!ピーチポリス(2000)/秘密のアリス(2001)/派遣でイキます!ヒミツの美緒ちゃん(2003)/翼くんシリーズ(2005)/胸キュン刑事2みるくCC(2005)/のりうつれ幽介(2012)

単行本

オンライン

PCで読める漫画

e-bookjapan

e-bookjapan

e-bookjapan

Yahooコミック

オンデマンド

復刊コミックならココ!

講談社オンデマンド

DVD

カウンター