FC2ブログ
Loading…

田中本家。

Posted by 遠山光 on 31.2010 日本刀   2 comments   0 trackback
須坂に田中本家博物館というのがあります。
http://www.tanakahonke.org/exhibition/exhibition.htm
江戸時代の豪商なんですが、現在「刀」の展示をしているようです。
南紀重国や長義が展示されてるとか。
6月14日までなので、なんとか頑張って行って来たいです。
スポンサーサイト

寒いです。

Posted by 遠山光 on 29.2010 信州   4 comments   0 trackback
もうすぐ6月だと言うのに…寒いです
日中も風が冷たいです。これは例年の5月の風では無いです。
まるで秋に入るかのような…ヒンヤリした風が吹きます。
そんなわけで午前中と夜はエアコンの暖房入れてしまいます。
今年は4月まで床暖使ったりしたから灯油代がかかってかかって…。
一年の半分は床暖いれている計算になります。
なんと不経済なんでしょう…。
こんな寒い春は珍しいです。
沖縄、九州ではもう梅雨入りの季節だと思うんですが、コッチもこんな陽気のまま梅雨入りするんでしょうか。イヤ、そもそも梅雨入り出来るんでしょうかね?

実は夜中寒い時はまだ電気敷き毛布使ってんですよ。
…おじいちゃんか。

蕎麦。

Posted by 遠山光 on 26.2010 信州   6 comments   0 trackback
100526_1337~0001
久しぶりにお昼に蕎麦。
中盛りですがこの桶一杯に入ってます。上げ底じゃないですよ、この桶。
天気が不安定で、出かける時は晴れていたのに帰りはすっかり曇ってきて、3時過ぎには雨になってました。どうもおかしな陽気です。
腹もちが良いので夕食抜き。
11時過ぎですが、さすがに腹減ってきました。
でも食わん!

埼玉支部鑑賞会の案内状が届きました。
来月の19日に本庄で本部から先生を招いて開かれます。
これから愛好会と正式支部の待遇の違いが出てくるかも知れません。
果たして上手くいくんでしょうかね…。

資料。

Posted by 遠山光 on 25.2010 漫画   2 comments   0 trackback
コンテを遅々進めながら資料も探し始めています。
幕末頃の刀剣商の店の雰囲気がもう一つつかめません。
適当な資料を探しに駅近くの古書店に寄ってみましたが、何も収穫無し。
(って言うか、店の中メチャクチャで整理できてなくて何がどこにあるのか、この店って商売になってるのか不思議…)
やはり古書だったら神田行かないとダメそうです。
でも探すのに時間かかりそうな…。
もう少しネットでも探してみますが期待薄です。
江戸の商店ですから、例えば呉服屋などと比べても作り自体には多分あまり大きな違いは無いような気もします。
設定では大きな店ではないので何か一つ見つかれば、それをアレンジして作っちゃうんですが、その“何か一つ”がなかなか見つかりません。
まあ、ゆっくり探します…。

新店。

Posted by 遠山光 on 23.2010 ラーメン   0 comments   0 trackback
100522_1910~0001
本町交差点に出来た「夢我夢中」行ってみました。
どうもまだ店員さんがうまく動いてくれないようで…20分待たされた挙句、僕がオーダーしたラーメン「豚基本 野菜マシ」は僕よりも後に入ってきたお客さんのところに持っていかれてしまいました。
若い女の子の店員さんはその後、そのラーメンを知らん顔して僕の所に持ってきました。夜の7時頃に行ったんですが、ともかく待たされます。
オーダーから20分は…かかりすぎじゃないでしょか。
680円と値段と量は文句ないです。

鯉のぼり。

Posted by 遠山光 on 22.2010 信州   2 comments   0 trackback
100521_1425~0001
郵便局行ったりスーパー行ったり散歩行ったり。
本町を通ったら町屋館にまだ鯉のぼりが…。
風が強い日だったので元気よく泳いでいました。
…もう五月終わっちゃうよぅ

本業。

Posted by 遠山光 on 17.2010 漫画   12 comments   0 trackback
イラスト
たまには漫画描いてみたりして。
時代は幕末頃、目利きだが偽物も平気で扱う刀屋さんです。

行って来ました。

Posted by 遠山光 on 15.2010 日本刀   2 comments   0 trackback
午前中、いつもより一本早めの新幹線で家を出て、刀博の特重新指定展と午後は神田刀剣会に寄ってきました。

まずは新指定展から。
山城と備前が多いです。これは残っている刀全体のバランスがそうなんだから仕方ないですね。
菊御作、ハバキ元に菊紋が残っていました。
無銘長義が三口指定されていましたが、それぞれ微妙に作風が異なって…ことに「八文字長義」は面白かったです。
これは差し込み?研ぎ直したらもっとスゴイのではないでしょうかね。
祐定も典型作。腰開きの互の目。身幅もありました。
こういう祐定じゃないと…出世しないんだなぁ…。
無銘の左国弘、二口指定されていました。
なるほど、地鉄の調子など実に良く似ています。
…刃中はうちの方が働いているかな?
在銘「豊後国行平作」が素晴らしかったです。
身幅タップリ残して腰反り付き、先を伏せて小切先。
平安末期の姿ですが健全に見えました。
葵紋散らしの毛抜型太刀拵えがまた良いです。

その後、大手町で降りて神田へ。
鑑賞会もう始まっていました。
①新藤五国光 太刀(伊達家伝来 陸奥新藤五)
反り深く付き細身。地鉄板目が練れて地景交えて良く詰む。沸映り。
素剣・鍬形・宝珠(?)・瓔珞・梵字等、表裏に重ね彫り。
小沸付いた細直刃。匂い口明るい。
…全然分かりませんでした。短刀は何度か見ていますが長いのは初めて見ました。「了戒」「景光」で入れてイヤイヤ、時間切れ。
②近江守助直/延宝五年八月 脇差
元先で幅差付かず、身幅ある姿。大阪焼き出しから濤乱風の大互の目。
沸えよく付く。今回一番悔しい失敗です。
互の目の焼頭が割れたり沸崩れるように見えてしまいました。
「加藤綱英」「正繁」で入れてイヤイヤ。時間切れ。
何で普通の大互の目や濤乱で見なかったんだろう?
③(備前三郎)国宗 太刀
腰反り強く付き中切先。地鉄板目、杢を交えて肌立ち流れる。
沸強く付き、逆がかる刃を交えた丁子乱れ。乱れ映り立つ。
在銘の国宗でした。「盛景」「元重」で入れてヨクヨク。時間切れ。
④長曽祢興里入道乕徹/寛文五年 脇差
板目良く詰む。匂口深く明るい。小沸え付いた湾れに小互の目。
これなら僕にも分かりました。当り。
⑤備中守橘康広/菊紋 脇差
元先でやや幅差付く。小板目良く詰む。焼き出しあり。
焼き幅のある小詰んだ丁子乱れ。
この辺も分かりました。当り。

天位は高天神さん。…なんと満点です。今回、満点取られた方がお二人も!
地・人位とは少し点が開いたようです。
う~ん、2号刀を間違えなければ60点くらい取れたのに…。
何で普通に見なかったんだろう…。こればっか。
1・3号刀は仕方ないです。…最近あきらめが良いです。
この辺りの刀は地方では見る機会がまず無いです。
…眼福でしたm(_ _)m。

慌しく池袋へ。また「伝 兼光」を拝見。
ついでに特重の太刀「無銘兼光」。
「兼辰」の大身槍、「金房」の大笹穂槍などを拝見。

池袋駅に向かう途中、またつけ麺でもと思って何件か回りましたが、みんな行列。或いはスープ切れ閉店。
仕方ないんで東武の上のレストラン街へ。
100515_1813~0001
とんかつ和幸でロースカツ定食。うう、久しぶりだコレ。
ご飯とキャベツがお替り自由なのがありがたいです。
ビールも飲んじゃったんで二杯で満腹。当たり前か。
大宮経由で帰ってきました。つ、疲れた。約12000歩。

明日は早朝から区の一斉清掃です。
ドブさらいやゴミ拾いで働くです。

中西さん。

Posted by 遠山光 on 14.2010 漫画   7 comments   0 trackback
透明人間の中西先生から久しぶりにメールが来ました。
出版不況と言われるこのご時世、描き手としての僕らの世代は丁度宙ぶらりんな微妙な位置にあるようです。
出版社もノンビリしていられる時代じゃないし、当然描き手もノンビリしていられないんですが…なかなか色々と事情も出てくるお年頃で、仕事に身が入りにくいのも正直な所です。
なにより自身の気力、体力、覇気が無くなってきます。
以前は「描きたくて仕方ない」と言った情動みたいなのがあったんですが、今では「こんなの面白いかも」と思いついても体がまず動かないです。
資料集めたら集めただけで終わってしまったり、若い頃にあった描かずにいられない勢いみたいなのが沸いてこないのです。
助走期間が長すぎると言うか…このまま助走のスピードが落ちて、そのうち歩く早さになって、そのうち立ち止まったらどうしよう、みたいな危機感もあることはあるんですが…緊張感が沸かないと言うか…。
他の先生方はどうしてるんですかねー…。

今更ながら思うのは、若い頃って本当に何よりも漫画描くことが好きでした。
あれが食べたい、これが欲しい、どこに行きたいとかそんな欲求が殆ど無かったです。
たまに担当さんに「何か食べに行こう」と誘われても食べたい物が無くて困りました。20代は本当に遊ばなかったです。
打ち合わせと称して、担当さんと僕との頭の中で妄想した事が具体的な絵になってコマ割りされて形になることが面白くて仕方なかったです。
有名な月マガのしつこい打ち合わせも苦しかったですが、終わると楽しいことしか覚えて無かったです。

…あの気力はどこ行った~?

伝統美と匠の世界

Posted by 遠山光 on 13.2010 日本刀   2 comments   0 trackback
ちらし 1
「第一回新作日本刀 刀職技術展覧会」が
6月13日~7月25日
ホテルオークラ前の大倉集古館で開かれます。
お代は800円なり。
第一回の受賞者は…いつ発表になるんでしょう?

田んぼ始まる。

Posted by 遠山光 on 12.2010 信州   2 comments   0 trackback
100512_1334~0001
何か肌寒いです。お昼を食べた後、散歩に出ました。
南城公園に向かう途中、田んぼに水が…。
もうそんな季節なのねん。

今夜からまた冷え込むようです。
霜注意報が出ています。野菜はまだ高めです。
…なんとかならんか

例の展示が…。

Posted by 遠山光 on 11.2010 日本刀   2 comments   0 trackback
始まりました。
阿佐ヶ谷の刀屋さんの名前も出ていました。良かった良かった。
以前拝見した「助守」が見事に指定されていました。ありゃあ良い刀です。
他にも知っているお名前が何人か…。
国弘は二口、長義が三口も入っていました。
今回なぜか無銘が結構指定されているような印象受けます。気のせい?
知り合いの刀屋さんが出したウブ茎の在銘で田○辺鞘書き入り、池田家伝来、徳川実記所載の刀がなぜかダメでした。
う~ん、基準が…分からん…。

展示、15日にでも見てこようかな

高崎で玉砕。

Posted by 遠山光 on 09.2010 日本刀   2 comments   0 trackback
高崎まで観賞会に行ってきました。一時間余で着いてしまいました。
これは…ち、近い。

一本入札が5口。
①水心子正秀/門人奥州仙台住国包 出羽山形住正寿(脇差)
重ねあり三つ棟、先反りつく。焼き高く浅く湾れる。
沸え厚く付き地にバサける。荒沸え混じる。真改写し。
まんまとハマって真改で入れてしまいました。
②於南紀重国之造(脇差)
重ね薄く先反り付く慶長新刀姿。
良く詰んだ板目。沸え良く付き互の目が連れる。 
先に行くに連れ、焼き高く飛び焼き湯走り混じり皆焼かかる。
全く分からず末古刀かと迷いました。
飛び焼きが気になって親国で入れてしまいました。
本日一番の失敗です
③越後守国儔(刀)
地鉄よく詰みやや流れ心、反り浅く付く。
直調に沸え付き浅く湾れ、小足入る。
帽子が綺麗な小丸。二代忠広で入れてしまいました。
④肥前国陸奥守忠吉(脇差)
重ね尋常、先反り付く。小板目良く詰む。直焼き出し。
匂い口締まり、足の長い丁子が拳型、アブの目状に不規則に連なる。
最初、(中)河内守国助と見ましたが、途中から丁子が小詰んで見えてしまい浜部寿格で入れてしまいしまた。どっちにしてもイヤですね。
⑤安政五年五月 兼乕造/應伊藤信成君需(刀)
地鉄良く詰み浅く反り付く。玉を交えた互の目丁子乱れ。
中切先、フクラ枯れる。帽子乱れ尖って返る。
長幸で入れてしまいました。

…見事に0点です。
肥前の足長丁子、南紀の相州伝…全くピンと来なかったです。
国儔の詰んだ地鉄、堀川の作風からは連想出来ませんでした。
郷土刀である兼乕も、全く頭に浮かびませんでした。
上田にいた頃の注文打ちと思われますが、常に見る湾れに互の目が交る作風とは全く違っていました。
この丁子の作風も注文だったのでしょうか…?
山浦特有の金筋も砂流しも殆ど見えませんでした。

今回も恥かいて帰ってきました。…グッタリです
粗見が多いです。これではおそらく三本入れても…何点採れたか…。
来週は神田で恥かいてきます。

…うう、ネガティブすぎる。

初夏。

Posted by 遠山光 on 06.2010 信州   2 comments   0 trackback
陽気はすっかり初夏です。暑いです
先月は雪降ってたのにね。
連休明けなので午後から郵便局行ったり銀行行ったり…。
暑い中を歩きまわってグッタリです。
信金のATMに入ったら…暖房ついてました。…信じられん。
明日は医者行って薬貰ってこなくては…。

土曜は本部鑑賞会ですが、翌日曜には高崎でもあります。
二日続けての新幹線は厳しいので高崎のみ行くことにしました。
一時間少しで着きそうです。…そんなに近いとは。


奥さん聞きました?「ちゃんこダイニング若」破産ですって。
何年か前に上京のたび行こうとして、何回行っても予約取れなかったり何時間も待たされそうになったりで、結局一度も行けなかったお店です。
あちこち支店があったのに…そうかぁ…。
いや、苦しかったのねん…

こう暑くなっては鍋どころじゃないですが。

二日酔い。

Posted by 遠山光 on 03.2010 お酒   2 comments   0 trackback
昨夜は高校の同級生と久しぶりに飲みました。
九時頃には帰るつもりだったんですが、またズルズルと飲んでしまい帰宅したのが二時半過ぎでした。どんだけ飲んだのか途中から全く記憶が無いです。
気が付いたらカラオケ屋にいて。
気が付いたら家にいました。
完璧な二日酔いです。気持ち悪。

まだ咲いてます。

Posted by 遠山光 on 01.2010 信州   0 comments   0 trackback
五月になってもまだ桜が咲いてます。
100501_1422~0001
今年の春は遅かった分、長持ちしてるんでしょか
100501_1423~0002
浅間山にもまだ雪が見えます。GWだと言うのにねぇ…。
ここんとこ天気が良いので午後は散歩です。
連休と桜のせいか人出が多いです。
  

プロフィール

遠山光

  • 遠山光
  • マンガ家。
    長野県在住。1982年「ラジカルC調コネクション」でデビュー。
    主な作品・ハートキャッチいずみちゃん(1983)/おてやわらかにぴんく(1985)/胸キュン刑事(1987)/旅だて!Jr.(1989)/ティンクルティンクルアイドルスター(1992)/Tokyoヤドカリ物語(1993)/ハートにピアス(1995)/夢見てMIRAI(1997)/保健室 秘密の花園(2000)/特捜!ピーチポリス(2000)/秘密のアリス(2001)/派遣でイキます!ヒミツの美緒ちゃん(2003)/翼くんシリーズ(2005)/胸キュン刑事2みるくCC(2005)/のりうつれ幽介(2012)

単行本

オンライン

PCで読める漫画

e-bookjapan

e-bookjapan

e-bookjapan

Yahooコミック

オンデマンド

復刊コミックならココ!

講談社オンデマンド

DVD

カウンター