FC2ブログ
Loading…

アメ横。

Posted by 遠山光 on 31.2016 信州   0 comments
毎年恒例ですがテレビではアメ横や浅草の映像が…。
凄いな、あんな人だらけの中によく出かけるな…。
東京の人は人ゴミが好きだよね。
混んでいると分かっていて何で出かけるんだろう。
並んでいると知っていて何で並びに行くんだろう。

やあもうテレビ見ていても眠くなっちゃって大変。
これが夜中になると目が覚めてくるから困る。

大晦日になって右上の奥歯が痛み始めました。
噛みしめるとピリッときます…。
やだなぁ、また歯医者。年明けいつからやってるかな…。
スポンサーサイト

年の暮れに刀の話。

Posted by 遠山光 on 30.2016 信州   2 comments
「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」
http://www.chambara.net/
時代劇で剣戟シーン、チャンバラは欠かせない要素です。
重要な魅力の一つなのは間違いない。
ただそれが強調され過ぎて結果的に日本刀への理解がかなり偏ってしまった一面もあるような気がします。
夢を壊すようですが実戦で刀はあまり実用的ではなかった…。
戦場では弓や鉄砲、槍の方が役に立っていたようです。
江戸時代にはすでに刀はお守りであったり褒章品、贈答品、武士身分の象徴であったこと。これを美術工芸品とまで言ってしまうと言いすぎか。

時代劇においてはまずストーリーや美術あってのチャンバラ、であって欲しいです。お馴染みの俳優が出て、見たことあるセットに似たような映像、そこでお馴染みのチャンバラ…では新鮮さは無くなります。
さらに面白くないシナリオでは誰も見ない。


先日NHKで取り上げられていた春日大社ですが、今度は宝庫にあった刀を砥いだら「延寿国吉」と「古備前」二口出てきたとか。
http://www.sankei.com/photo/story/news/161229/sty1612290014-n1.html
ある所にはあるなあ。…そりゃ春日大社だもの、あるよ。
今まで砥いでなかったってのもすごい。
それだけいっぱい奉納されてるってことかな。

鉄の展示館では朝倉藤四郎が展示されます。
年が明けたら平日に見に行ってきます。混みませんように…。

そわそわ。

Posted by 遠山光 on 29.2016 信州   2 comments
まだ29日なのにテレビもすっかりお正月モードで。
最近はラジオまで。
つまらないんでたまには早く寝ます。

まりも。

Posted by 遠山光 on 27.2016 信州   0 comments
イラスト 
姫乃樹まりもと
イラスト
藤村あゆみくんです。
描いてて「ああ、やっぱりまりもは可愛いなぁ」と思ってしまいました。
なのに連載当時、女子の読者から「まりもは性格が悪い」と言うハガキが来たことあります。一度や二度ではないので女性読者に嫌われる何かがあったんでしょうね…。
今も心当たりが無いんだこれが。

午後、雨も上がったので年賀状を出してきました。
ついでに神社に寄ってお札を買おうとしたら閉まっていました。
暮れも近いのに留守かい。
もう風が強くて大変。
お年寄りの乗った自転車など飛ばされてしまいそうです。
今夜は雪になるかもしれません。
ああ、窓を綺麗にしたい…。寒くてやだな。
家の中から窓開けないで窓拭きって出来ないかな。

お礼。

Posted by 遠山光 on 27.2016 信州   0 comments
復刊ドットコムさん経由で餅米やチョコ他色々と送っていただきました。
無事にこちらに届いております。
お礼としてはあまりにお粗末ですが年賀状を送らせていただきました。
どうもありがとうございました!

今夜ですよ。

Posted by 遠山光 on 26.2016 信州   0 comments
今夜のNHK 夜7時半から
「春日大社 よみがえる黄金の太刀~平安の名宝に秘められた技~」
だそうです。
http://www4.nhk.or.jp/P4262/


人間国宝クラスの職人が指先に、全身に緊張を漲らせて仕事しておりました。
写すとはこういうのを言うんだなぁ。

口呼吸。

Posted by 遠山光 on 25.2016 信州   2 comments
寝ていて鼻づまりで目が覚めます。
ひどいな、こりゃ…。
口で息をしているので口の中や喉が渇くし。

イラスト 
死神理佐ちゃん。
ああ刷り出し見ながら描いたのに全然似てない。
何で理佐かと言うと当時いたアイドルの立花理佐からそのまま取ったのでした。
あの「キミはどんとくらい」の。
可愛い女の子の死神ってのは今ではいかにもベタですが、当時はまだありでした。増刊掲載時の反応はすごく良かったんですが…。
残念ながら週刊では大コケ。
この眉毛濃いキャラはその後のサンデーでの「ティンクル~」のあゆみ君につながっていきます。

予約始まりました。

Posted by 遠山光 on 22.2016 信州   2 comments
68325378-1.jpg 
復刊ドットコムで「胸キュン刑事新装版+」の予約が始まりました。
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68325388&tr=t
来年の2月~6月にかけて計三冊出ます。
懐かしい80年代のお色気コミックスです。良い時代だったなぁ…。
けっこう何も考えないで描けちゃった時代。それが許された時代。
よろしくお願いします。


いや、違うかな、考えてないわけじゃないんです。
考えてはいたんですが、充分考える時間が無いまま描いてたと言うか、それが出来ていたと言うか。
そうせざるを得なかったと言うか。
んー、何言ってんだ?やっぱ考えてないのかな。

要警戒。

Posted by 遠山光 on 21.2016 信州   0 comments
またノロが流行っているようです、それも新種。
人が多い所に出かける時はマスクが欠かせません。
また薬貰いに行かないといけないんですが…。
天気崩れるみたいだしイヤだな。

うわぁ。

Posted by 遠山光 on 20.2016 信州   2 comments
小野前会長が亡くなられたそうです。
合掌。

透けてる。

Posted by 遠山光 on 20.2016 信州   2 comments
ようやく賀状を作り始めました。
が…あーれー?うまく行かない…。
イラストの外側の白い部分を透明にしたら…顔の白目の部分まで透けて背景が見えてしまいます。試しにプリントしてから気が付きました。
今までは比較的薄い背景を選んでいたから気が付かなかっただけなのか、これがソフトの限界なのか、使い方が間違えてるのか…。
背景を変えて作り直しになりそうです。

結局背景に手を入れて透けても分からないようにしました。
やり方がアナログだなあ。

いざプリントしてみると…印刷設定で発色が違ってしまい閉口します。
たぶん紙質によっても色が変わるでしょう。
PCで見た色とプリントした色が違いすぎる。
家庭用プリンタの限界?

図面。

Posted by 遠山光 on 19.2016 信州   0 comments
確か昌幸が死ぬ時に信繁に大量の絵図面を渡すシーンがありましたが…あれは何だったんでしょう?
てっきり最後の大阪城の攻防であれが生きてくるんだなと思ってたんですが。
昌幸は最期まで大阪城の攻略法を考えていたと。
伏線でも何でもなかったのかな?忘れたのかな?

終わった終わった。

Posted by 遠山光 on 18.2016 信州   2 comments
長かったコントも無事に終わりました。
あんなスカスカの戦場ってどうなんだろか。
せめてエキストラ増やすとかCGで足軽でも合成するとか。
幸村の長台詞の間、ジッとしている馬が名演技でした。
やっぱ湘南動物プロダクションかな。
佐助が55歳ってのは…ああ、確かに体の無理が利かなくなる年だよなと。
こういうシナリオならいっそ十勇士も出して面白おかしくやるという手もあったかも知れません。この人にシリアスは無理だ。

来年の大河も戦国時代です。柴崎コオかぁ…。
もうちょっと若いキャスティングは出来なかったか。
その次の西郷どんはボーイズラブになるらしい。
ターゲットは腐女子かな。

百聞は…。

Posted by 遠山光 on 18.2016 信州   0 comments
刀でも絵でもPCで見た画像と実物とではかなり印象が違うことがあります。
全くそのまま、と言うこともあります。
土曜に見てきた刀も絵もその両方でした。
PCではかなり期待していたのに実際見たら意外と…だったり、その逆にものすごく良かったり。
やはりPCの画像はあてにならない。
絵も刀も実物を見ないと本当の良さは分からないです。

はしご。

Posted by 遠山光 on 17.2016 信州   0 comments
刀博に寄って研磨・外装コンクールの展示を見てきました。
土曜日のせいかけっこう入っていました。
若い女性も来ています。一人で来ている人は少ないです。
乱舞から入ってきたんでしょう、熱く薀蓄語っていました。
彼女らの目には何が見えているんだろう…。
額銘兼光と無銘景光の刀が良かったです。

その前に一軒刀屋で古青江在銘を拝見。
特保ですが…高えなぁ、重刀価格だなぁ。

刀博の後、また四谷のギャラリー。
二度目しかも昼間なのでもう道は間違えないです。
前回は夕方かなり薄暗かったので右往左往してようやく辿り着きました。
…良い絵はすぐ売れるんだなぁ、刀と変わらんなぁ。
その後、青山のギャラリーに行きたかったんですが…初めて行く場所だし最寄駅が遠いので諦めました。
タクシーで行く手もあったんですが…東京は渋滞が怖いし…残念。
その後、銀座のギャラリーを二軒と刀屋に寄り道。
刀屋は混んでいて何も見ずに出ました。
やっぱり行くなら空いている平日だな。
その後、自家製麺伊藤で肉そば。
ここは迷わず行けるようになりました。
煮干しのエグミを出さないギリギリのスープが美味いです。

東京はクリスマスのイルミネーションがあちこちに。
もうどこも人が多くて大変。
相変わらず外国人も多くて…横断歩道渡り切った所や道の真中で平気で立ち止まってるから困る。
エレベーターやエスカレーター降りた所で立ち止まるから困る。
いやどこの国の人かなんて知りませんよ。

行きも帰りも新幹線は座れました。もっと混んでるかと思ったら…。
東京は温かいです。
半袖にハーフパンツ、サンダル履きの人がいました。
信じられん、幾らなんでも寒かろうに。

カサカサです。

Posted by 遠山光 on 14.2016 信州   3 comments
毎年この時期になると指先が気になります。
乾燥して肌がカサカサ。
ハンドクリーム塗ると指先がベトついて…これがまた気になる。
紙に触れると油染みにならないだろうかとか。
刀に触れる時も気になる。そのつど手を洗わないと触れない。
乾燥した指先だと本や新聞紙すらめくりにくい。
若い頃はそんなこと感じたことなかったからこれも老化の一種なんだろうね。
指先をペロッと舐めてページをめくる…。
あれダメなんだよね。神経質で。やりたくないなぁ。

箱で。

Posted by 遠山光 on 13.2016 信州   3 comments
リンゴを箱買いしてしまいました。
家庭用なのでちょっと傷が入っていたり形が悪かったりします。
大きさは充分ですが、蜜は…期待したほどでは無かったです。
他のには入ってるかも。
寒くて買い物に行くのが億劫になり、ネットで大抵の物は買えるので横着してしまいます。

日本刀までネットで買える。重美をヤフオクで買う人もいる。
信じる者は救われる…と良いねぇ。
ああいうのって…ちゃんと調べてるんだろうか?
見ずに信じる者は幸いである。とは聖書の言葉。
あいにく不信心な俗物なもんで見ないと信じられません。

寒いよ。

Posted by 遠山光 on 12.2016 信州   0 comments
夕方過ぎに出かけることが多いんですが…もう寒いです。
寒くて耳が痛い。本格的な寒さです。
2月まではこんな調子。まだ長いなぁ…。

BSで。

Posted by 遠山光 on 11.2016 信州   0 comments
ガリレオXという番組で日本刀の特集があったようです。
うちはBS見れないもんで。
何かお馴染みの人がいっぱい出てますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=GWfKlnR7EHU

デジタルへの不信感。

Posted by 遠山光 on 09.2016 信州   5 comments
この時期はお正月が近づいてるせいか…テレビがつまらなくなります。
正月は正月でまた似たような番組、撮り溜めした番組でまたつまらないんですが…。

「胸キュン刑事 新装版+(プラス)」というタイトルに決まりました。
計3巻、来年の2月・4月・6月頃に出る予定です。
マガジンの増刊号と週刊本誌に計3本掲載した読み切りシリーズ「お騒がせ死神レディー」をそれそぞれ1本ずつ載せる予定です。
(残念ながら「胸キュン刑事2 みるくCC」は載りません)
現在1巻用の描き下ろしページをいじっています。
久しぶりにトーン貼ったら…トーンが微妙に変色してました。
今どきトーン貼る人なんていないよなぁ…。
買い置きがたんまりあるんで使わないと…。
原稿そのものはやはり紙じゃないと落ち着かないのです。
データなんて目に見えないしいつ何があるか分からんし…消えてしまってから慌てたって間に合わないじゃないですか。
…バ、バックアップ取ったって…んなもの信用できるか。
信用できない世代ということで。

師走です。

Posted by 遠山光 on 06.2016 信州   0 comments
風が強いです。
家の中にいると日差しは温かいんですが…外は寒風。
あーっ、買い物行かないと食うもの無いぞ。
もち米買ってきてあるので豆餅作ろうかな。

結局11月は地元の鑑賞会と刀剣市と刀のイベントは二回だけ。
師走は何もないので退屈します。
来週末こそ刀屋寄ったり展示見に行ったり…出来たらいいねぇ。
ところが年末は予定していない用事が色々と立て込んできます。
気が付いたら正月になってんだな、これが。

雑。

Posted by 遠山光 on 04.2016 信州   2 comments
畑掘ってたら「鉄砲」が出てくるって雑にもほどがある。
しかも利休の茶室がかつてそこにあったのだ、と。
これまでにも畑耕すシーンはあったのに何故見つからなかったんだろう?
雑、何から何まで雑な脚本。
だいたい馬上筒くらい戦国武将なら知ってるだろ。
ただフリントロック式がこの時代にあった…?
相変わらず長~いコント見せられてる感じです。
こういうのは時代劇とは思わない方が良いのかな。

シリーズ終了。

Posted by 遠山光 on 03.2016 信州   2 comments
やーもう、「鬼平」見なかったです…。
「THE FINAL」って「踊る大捜査線」か。
時代劇にこういうサブタイトル付けるセンスがやだ。
このシリーズは好きな時代劇だったんだけどなぁ…。
役者だけ歳をとって製作者サイドはドンドン若くなっていったのかな。
時代劇に横文字のタイトル付けるかね、普通。
何も感じないのかな。
池波作品に対するデリカシーとかリスペクトとか無いのかな。
もう時代劇はダメかな。

行かなかったです。

Posted by 遠山光 on 02.2016 信州   0 comments
ああああ、上京しませんでした。
ぎりぎりになって…変心、また再来週あたり行きそうなんで…まとめて用事こなそうと…。研磨コンクールの展示は18日まであります。
お茶の水のギャラリーは今回は諦めました。
いちいち上京してると金かかって大変なんです。
天気良いので午後は雑用。

違和感しかないですが。

Posted by 遠山光 on 01.2016 信州   0 comments
「神ってる」と言ってる人、まわりに一人もいないわー。
流行してたんですかー、ふーん。
もう止めればいいのに、流行語大賞。
全然ピンとこないな、世代が違うんですかね。
  

プロフィール

遠山光

  • 遠山光
  • マンガ家。
    長野県在住。1982年「ラジカルC調コネクション」でデビュー。
    主な作品・ハートキャッチいずみちゃん(1983)/おてやわらかにぴんく(1985)/胸キュン刑事(1987)/旅だて!Jr.(1989)/ティンクルティンクルアイドルスター(1992)/Tokyoヤドカリ物語(1993)/ハートにピアス(1995)/夢見てMIRAI(1997)/保健室 秘密の花園(2000)/特捜!ピーチポリス(2000)/秘密のアリス(2001)/派遣でイキます!ヒミツの美緒ちゃん(2003)/翼くんシリーズ(2005)/胸キュン刑事2みるくCC(2005)/のりうつれ幽介(2012)

単行本

オンライン

PCで読める漫画

e-bookjapan

e-bookjapan

e-bookjapan

Yahooコミック

オンデマンド

復刊コミックならココ!

講談社オンデマンド

DVD

カウンター