Loading…

丁子

Posted by 遠山光 on 13.2010 信州   6 comments
丁子と言っても刀の丁子刃ではありません。
小諸の蕎麦屋の丁子庵です。
久しぶりに本当にものすっごく久しぶりに丁子庵でお蕎麦食べてきました。平日の昼、本当はいつもの草笛に寄ろうとしたんですが…懐古園もまだ紅葉には早いのにけっこうお客さんが来ているようで、観光バスが数台停まっていました。草笛の中は満員。
そんなわけで仕方なく…丁子庵まで行きました。
101013_1257~0001
ざる蕎麦の大盛り1050円なり。
101013_1248~0001
草笛の普通盛りより少ないかも…?
ここのお客さんの殆どが観光客みたいです。

今日も暑かったです。往復歩いたら汗だくになりました。
ここ数日、ハーフパンツとタンクトップの生活に戻っています。夜は少しは涼しいけど。日中、家の中は30度近いので閉め切っておけば夜でも家の中は温かいです。
どうも今年の秋は春同様に短そうです。
10月23日から懐古園は紅葉祭りなんですけど。

丁子屋ではなく丁子庵でしたね、ずっと勘違いしていました
スポンサーサイト

明治期に米穀商の米蔵だった建物ですね。もう望んでも、あんな材木は使えません。通い始めた当時の蕎麦切うまかったなあ。ろくな肴もないのに、つけとろろ蕎麦で濁り酒15枚〔当時はかわらけで供していたので、一杯ではなく一枚〕飲んで、今生の草枕を気取っていた書生気質。新幹線がない頃、東京から意中のひとを迎えるとあの蕎麦屋へ。束の間の逢瀬の後、お土産蕎麦を胸に小諸駅の改札を去った黒髪の小さな背中は今頃どうしているかしらん。賢者モードから一転そういやあ、あの近所の商店主、寿昌の太刀後生大事に持っていたなあ・・・
2010.10.13 22:24 | URL | 重右衛門 #- [edit]
北国街道筋の本町辺りには味のある良~い建物がいっぱいあります。小諸の元々の目貫通りはこっちですからね。
蕎麦屋になってからも観光マップなどには必ず載っているお店です。地元の人にも通って欲しいものですが…。そう言いながら僕も盛りの良さに惹かれて草笛ばかり行っちゃいます。
大ざるか、とろろ蕎麦かで迷いましたが大ざるを頼んでしまいました。今度はとろろを頼んでみましょう。そうですか、そんな思い出がありましたか。
付近に眠っている寿昌も掘り起こしたいものですなぁ~。
2010.10.13 23:18 | URL | 遠山 光 #jj9FszSw [edit]
さらりとおっしゃっていますけれど、草笛→丁子屋は、空腹で歩くにはけっこう長い道のりですね。私だったら駅前立ち食い蕎麦屋方面へ行ってしまいそうです・・・(笑)。
2010.10.14 13:09 | URL | udo #- [edit]
僕も丁子屋に向かう途中でハタと気が付きました。
あ、遊子亭も明日香もあった…。
でも引き返すのも面倒なので行っちゃいました。交差点で夢我夢中に入っちゃおうかとも思ったんですが、やはり「蕎麦食いたい」と思ったのを翻すのも癪だし。水車は最初から選択肢に入っていませんでした。ここも量が少なくて…。
あの辺りは微妙に坂道が多いですね、汗かきました。
2010.10.14 13:51 | URL | 遠山 光 #jj9FszSw [edit]
「蕎麦屋のお酒は旨い」と、上司・先輩に連れられた20台。
「飲んだ後の蕎麦は旨い」と40台
今、蕎麦屋ではじっくり飲む、というより夜は居酒屋になった。
新そばの季節ですね。
2010.10.14 18:19 | URL | 八幡社 #- [edit]
確かに飲む時は蕎麦屋より居酒屋…ですね~。焼肉だったり鍋だったり、今だと美味しいお店もいっぱいあるので選ぶのに苦労します。
蕎麦屋で飲むとしたら…やっぱ日本酒なんでしょうね。
ビール→焼酎なんですよね。たはは。
ビールは蕎麦に合わないでしょうね。
2010.10.14 18:29 | URL | 遠山 光 #jj9FszSw [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

遠山光

  • 遠山光
  • マンガ家。
    長野県在住。1982年「ラジカルC調コネクション」でデビュー。
    主な作品・ハートキャッチいずみちゃん(1983)/おてやわらかにぴんく(1985)/胸キュン刑事(1987)/旅だて!Jr.(1989)/ティンクルティンクルアイドルスター(1992)/Tokyoヤドカリ物語(1993)/ハートにピアス(1995)/夢見てMIRAI(1997)/保健室 秘密の花園(2000)/特捜!ピーチポリス(2000)/秘密のアリス(2001)/派遣でイキます!ヒミツの美緒ちゃん(2003)/翼くんシリーズ(2005)/胸キュン刑事2みるくCC(2005)/のりうつれ幽介(2012)

単行本

オンライン

PCで読める漫画

e-bookjapan

e-bookjapan

e-bookjapan

Yahooコミック

オンデマンド

復刊コミックならココ!

講談社オンデマンド

DVD

カウンター