Loading…

宝寿。

Posted by 遠山光 on 09.2011 日本刀   2 comments
10月8日本部鑑定会に行って来ました。
世間は連休、いつも乗る新幹線より一本早い臨時便の新幹線に乗れました。
臨時便だとけっこう空いています。楽に座れました。
東京は小諸より約10度は高いです。出掛けは寒かったんですが、新宿に付く頃には上着が要らないくらい温かかったです。

鑑定刀五口
①兼定(之定) 短刀 身幅尋常、反りのないやや小振りな姿。
三つ棟、中の筋が細い。重ねやや薄い。地鉄板目詰む。
焼き低く小沸え付いた直ぐ刃。来か粟田口に紛れる作風。
刃中の働きは少ない。帽子、表が大丸で硬く止まり裏が小丸。
表裏で異なる帽子と鉄がやや白ける点から之定で入れ当り。

②安吉(左) 短刀 大徳川家伝来
やや寸の伸びた姿。よく練れた板目に直映り立つ。
焼き低く小湾れ、小互の目に尖り刃を交え小模様に乱れる。
匂い勝ち、小沸え出来。帽子乱れ混んで尖る。
初札、出羽大掾国路に見えてしまい時代違いイヤ。
二札目、映りと小模様な刃文から小反りかと思い則光でイヤ。
三札目、ようやく末左と気が付きました。安吉で当たり。
何見てたんでしょう…。

③出羽大乗藤原国路/寛永七年八月吉日 片切り刃作りの脇差。
重ね厚く反り深く付いた姿。表に梵字と三鈷柄剣の彫り、裏に刀樋。
地鉄小板目良く詰む。湾れに大互の目交えた乱れ、やや逆がかる。
沸え付き砂流しかかる。
新々刀と見てしまいました。直胤でイヤ。では慶長かと二札目忠広でイヤ。
三札目康継でイヤ。三振でした。見なおすと帽子は地蔵風。
差し裏の腰辺りはザングリしてました…。
どうして堀川一門や三品が浮かばなかったのか、失敗です。

④源清麿 脇差 山浦に多い菖蒲作り。
板目詰み鎬地を下ろし、反りがやや付く。
地沸え・地景良く入り沸え付いた互の目乱れ。金筋、砂流しかかる。
派手な刃文、清麿で当たり。

⑤宝寿/応永廿五年戊戌十一月日 短刀
身幅の割にやや寸の伸びた姿、重ね尋常。やや先反り。
板目良く詰み杢を多く交える。匂い口深く沸え良く付き、湾れに互の目交る。
刃縁よくほつれ、地に煙りこむような感じ。棟、飛び焼き交え焼き下げる。
肥前正広で時代違いイヤ、二札目、応永信国でイヤ。
三札目を宇多国房でイヤ。三振でした。
綾杉風にも見える地鉄から月山に入れていたら…通りだったんですが…。
消去法で宝寿に辿り着いたかも知れません。
ただ宝寿の作風が全く頭に浮かばなくて…。これは分からない…。

宝寿は無理でも出羽大掾は…当てたかったです。
どうも片切り刃にとらわれ過ぎたのか…ぐるぐるウロウロと回ってしまいました。
地鉄も良く詰んで見えて堀川は頭に浮かばなかったです。
反りも深くて…。こういうのは苦手です。苦手ばかりですが…。
左安吉、映りが備前刀のようで、これにも惑わされました。
末左は映りがあまり立たないという先入観がありました。

観賞刀五口
大原真守 太刀 腰で反りネットリした地鉄。 
伝則重 太刀 地鉄良く詰み所謂「松川肌」はあまり見て取れません。
行光(無銘) 短刀 飛び焼きかかりあまり行光っぽくない出来。
国光(新藤五) 短刀 先月、阿佐ヶ谷で拝見した国光を思い出しました。
武蔵正宗(無銘) 刀 何回見ても捉えどころのない正宗でした。

毎回反省点ばかりです…。
帰りに寄った舟山堂で「平戸住安吉」の短刀(島津家伝来)、末左の薙刀直しを拝見。どちらも板目肌に焼き低く沸え付いて小模様に乱れる出来。
末左が続きました。
その後は鰯のお店で反省会。その後は愛Zooとお決まりのコース。
最終になる前に無事に帰宅しました。
出来が悪いとことさら疲れますな…
スポンサーサイト

遠山さん
本部鑑賞会お疲れ様でした。
詳細な説明を拝読していると参加できなかったのが悔しいです。
行けば鑑定刀より鑑賞刀に釘付けになったことでしょう。


短刀、寸延び短刀は難しいですよね。
いわんや宝寿など考えても浮かびません。
来月はよろしくお願いします。
2011.10.09 18:35 | URL | 八幡社 #- [edit]
観賞刀は「沸え出来」がテーマでした。古伯耆から正宗まで…。
仰る通り贅沢な観賞刀ですね。さすがに本部です。
行光は不思議な出来でした。平地の真ん中に点々と飛び焼きが入っています。
先生も「入札で一本な当たることは無いでしょう」とのことでした。
今回の宝寿もそうですが、あまり難しすぎるのも困ります。
でも当てた方もいらっしゃるので文句言えませんねv-406
来月は宜しくお願いします。
2011.10.09 19:00 | URL | 遠山 光 #jj9FszSw [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

遠山光

  • 遠山光
  • マンガ家。
    長野県在住。1982年「ラジカルC調コネクション」でデビュー。
    主な作品・ハートキャッチいずみちゃん(1983)/おてやわらかにぴんく(1985)/胸キュン刑事(1987)/旅だて!Jr.(1989)/ティンクルティンクルアイドルスター(1992)/Tokyoヤドカリ物語(1993)/ハートにピアス(1995)/夢見てMIRAI(1997)/保健室 秘密の花園(2000)/特捜!ピーチポリス(2000)/秘密のアリス(2001)/派遣でイキます!ヒミツの美緒ちゃん(2003)/翼くんシリーズ(2005)/胸キュン刑事2みるくCC(2005)/のりうつれ幽介(2012)

単行本

オンライン

PCで読める漫画

e-bookjapan

e-bookjapan

e-bookjapan

Yahooコミック

オンデマンド

復刊コミックならココ!

講談社オンデマンド

DVD

カウンター