Loading…

終わりました。

Posted by 遠山光 on 25.2011 漫画   6 comments
予定より早く終わりました。アシ君入れて正解。
未明から雪が降り、たいして積りはしませんでしたが、寒い中を埼玉まで帰って行きました。
枚数的には本当は一人でやっつけなきゃいけないんですが…。
来年はも少し頑張りましゅ…

午後はホームでクリスマス会があるとかで、出かけてきます。
行っても特にするこたぁないんですけど。

お正月の準備もユルユルと始めたいです。
神棚のお札買って、玄関と神棚飾って…。あ、ゴミ出さなきゃ。
薬も貰ってきといた方がいいな。
スポンサーサイト

遠山さん お疲れ様でした。
ところで、古い刀剣会誌を刀友から頂き見ていたところ
昭和36年の刀剣会報誌(刀剣趣○)の間に下記「清算書」が挟まっていました。

○○様             清算書
36年1月18日    
品 名   数 量  単 価  金 額
宗次    御買上分      105,000
下取    兼若 刀       92,000
           差引    13,000
 正■ 刀 頂戴         16,000
差引               3,000
                 差上

※■は判読できず
 昭和36年=1961年

宗次は固山宗次であろうか、先日届いた通信販売の春増刊号に
「備前介藤原宗次 慶応2年5月日(2尺3寸9分)特別保存 300万円」

メモ書きの宗次が固山であったならばと物価の変化を比べてみた。
<WEB金融新聞>
大卒初任給        消費者物価指数
1960年 16,115円      707.5
2004年 203,537円     3844.4

清算書にある宗次の価格、当時も大金と思いますが高い、安い?
古書には時々”宝物”が挟まっていることがある。

なお、本件は通販誌の価格を論じるものでなく、
通販誌とメモ書きが手元にあったもので、
他意が無いことを申し添えます。
遠山さん、高天神さん、大和國住人さんのご意見をお聞かせください。






2011.12.25 23:26 | URL | 八幡社 #- [edit]
こんにちは八幡社さん。

昭和36年ですか~。私は小学校低学年でチャンバラごっこをしていました。

その頃は、まだ新々刀の評価は低く、古刀の方が絶対的に高かったのでしょうね。
当時は多分、宗次より小反りのほうがズット高かったと思います。
清麿をはじめとする新々刀の価値(価格)を上げていったのは、柴田さんの功績が?大きかったのでしょうか。

古い刀剣会誌を読むのは私も大好きで、刀剣美術をはじめ、大素人や刀剣趣味などメクッテいるとその頃の刀剣会の熱気が伝わってきて、とても面白いです。
2011.12.26 15:50 | URL | 高天神 #9L.cY0cg [edit]
昭和の日本刀ブームってのは30年代ころでしょうか?
36年と言うと僕はまだ乳母の背中でモーツァルトを聴いていた頃です。
嘘です。

相場的には…どうなんでしょうね。
この価格には鑑定書の有無なども関係すると思いますが、今ほど鑑定書に依存はしていない時代では無かったでしょうか。
高天神さん仰るように、清麿などは今のような価格にはなっていなかったでしょう。

古い刀美誌、僕もまだ小さいサイズのも含めて何十冊かオークションで落札して持っています。
支部のベテランの名前などが誌上鑑定の正解者欄に載っていたりして…色んな意味で楽しいです。
良い時代だったんでしょうね。
2011.12.26 19:21 | URL | 遠山 光 #jj9FszSw [edit]
遠山さん
高天神さん
こんばんは

皆さんも古い刀剣誌を見るのが好きですね。
頂いた刀剣美術の一桁台(3号~)のものは変色し、あめ色です。
紙上鑑定正解者の名前が載るのは5号誌からか、
3号と4号2ヶ月分の正解者名があります。

会費はS25年度普通会員600円、地方支部に属さない方は500円。
「刀を鑑るには目が大切」と製薬会社の広告が載っていて面白いですね。
2011.12.26 22:03 | URL | 八幡社 #- [edit]
こんにちは八幡社さん・遠山さん・高天神さん


私は36年と言えばこの世に欠片も無い時で御座います。

刀の出来・不出来は判りませんが、宗次の下取りに兼若の刀を下取りに出すと言うのは、余程宗次が良い物なのかと思います。

私的には、宗次よりも兼若の良い物に巡り合えたらとは思います。


結構古い時代を知らない私などは古本に書き込みや今回のようなメモ書きが挟んで有る事が多く参考になる事が多いです。刀剣界に活気が有った頃の話を聞くのも読むのも大好きです。

景気の悪さだけではないとは思いますが、活気の有った頃でしたら、貧乏な私には刀を持てない時代だった思います。その点では今は良い時代かと思います。もっと刀剣界に活気が戻ればの話ですが!!
2011.12.26 22:07 | URL | 大和國住人 #- [edit]
活気が見られなくなった原因は色々ありそうですね。
世間一般的な景気の低迷と…刀剣を投機対象としてしまった愛刀家の資質の変化と…鑑定機関や業者を巻き込んでの様々なスキャンダルと…。
愛刀家の刀離れも痛いですが、若い世代がなかなか入ってこないのも痛い問題です。
来年は良い年になると良いですなぁ~v-481
2011.12.27 02:03 | URL | 遠山 光 #jj9FszSw [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

遠山光

  • 遠山光
  • マンガ家。
    長野県在住。1982年「ラジカルC調コネクション」でデビュー。
    主な作品・ハートキャッチいずみちゃん(1983)/おてやわらかにぴんく(1985)/胸キュン刑事(1987)/旅だて!Jr.(1989)/ティンクルティンクルアイドルスター(1992)/Tokyoヤドカリ物語(1993)/ハートにピアス(1995)/夢見てMIRAI(1997)/保健室 秘密の花園(2000)/特捜!ピーチポリス(2000)/秘密のアリス(2001)/派遣でイキます!ヒミツの美緒ちゃん(2003)/翼くんシリーズ(2005)/胸キュン刑事2みるくCC(2005)/のりうつれ幽介(2012)

単行本

オンライン

PCで読める漫画

e-bookjapan

e-bookjapan

e-bookjapan

Yahooコミック

オンデマンド

復刊コミックならココ!

講談社オンデマンド

DVD

カウンター