Loading…

相棒がよ。

Posted by 遠山光 on 09.2012 茶飲み話   4 comments
昨夜の「相棒」ですが…。
落語の「火事息子」がネタとして出てきましたが、ちょっと妙でした。
伊勢屋の若旦那が臥煙(火消し)となります。
で、その親(伊勢屋の主人とお内儀)が息子会いたさに自ら火を付けた…という説明でしたが…そんな話は聞いたこと無いです。
少なくとも六代目圓生も志ん朝もそんな話にしてなかった。
誰か過去にそういう話にした噺家さんがいたんでしょうか?
ネットで調べても出て来ません…。
相棒のストーリーに合わせて「火事息子」を変えちゃったんでしょうか?
思い切ったことするなぁ…。そこだけ違和感ありました。

でシーズン11からの相棒は誰なんだろうね?
スポンサーサイト

落語の「火事息子」は知らないのですが、「息子会いたさに自ら火を付け…」で八百屋お七を思い出しました。
(お七は恋人に会いたくて放火未遂をしたのですが)
八百屋お七と落語の「火事息子」を一緒にしてオリジナルのストーリーにしたのかもしれませんね。
2012.02.09 14:51 | URL | 井沢まさみ #7lLIY.6k [edit]
そうですね、どちらかと言うと「八百屋お七」です。
実際の火事息子の落ちは「ぶっつけ落ち」と言うやつで、あっさりとしたものです。
人情噺として盛り上げるのは親子の再会シーン辺りだけで、下げ方は意外とあっさりしてます。
江戸時代の「火付け」は重罪、火刑(火あぶり)ですしね。
落語とは言え「親が自ら火を付けた」というくだりは違和感ありました。
作っちゃったのかも知れませんねぇ…。
2012.02.09 15:12 | URL | 遠山 光 #jj9FszSw [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.02.11 15:14 | | # [edit]
落語もブームと言われている割には相変わらずテレビ・ラジオで放送されることが少ないです。
「火事息子」、ゆうつべで見られると思います。
三遊亭圓生や林家正蔵、古今亭志ん朝が有名です。
あらすじも検索すれば出てきます。が…やっぱ映像がお薦めです。
「相棒」の中で「火事息子」がどう扱われていたかは再放送でチェックするしかなさそうですが…。

2012.02.12 02:00 | URL | 遠山 光 #jj9FszSw [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

遠山光

  • 遠山光
  • マンガ家。
    長野県在住。1982年「ラジカルC調コネクション」でデビュー。
    主な作品・ハートキャッチいずみちゃん(1983)/おてやわらかにぴんく(1985)/胸キュン刑事(1987)/旅だて!Jr.(1989)/ティンクルティンクルアイドルスター(1992)/Tokyoヤドカリ物語(1993)/ハートにピアス(1995)/夢見てMIRAI(1997)/保健室 秘密の花園(2000)/特捜!ピーチポリス(2000)/秘密のアリス(2001)/派遣でイキます!ヒミツの美緒ちゃん(2003)/翼くんシリーズ(2005)/胸キュン刑事2みるくCC(2005)/のりうつれ幽介(2012)

単行本

オンライン

PCで読める漫画

e-bookjapan

e-bookjapan

e-bookjapan

Yahooコミック

オンデマンド

復刊コミックならココ!

講談社オンデマンド

DVD

カウンター