Loading…

九段。

Posted by 遠山光 on 08.2012 日本刀   0 comments
年内最後の都支部の観賞会に行って来ました。
場所は靖国会館。(遊就館のお隣)

一本早い新幹線で、観賞会の前に刀剣博物館に寄り道。
「第65回刀剣研磨・外装技術発表会入賞作品展」を見てきました。
分かりやすく言うと砥ぎと外装のコンクール。
土曜のお昼前ですが…お客さんは3人ほど。
良い刀が並んでいるのに勿体ないです。
一時間ほどゆっくり堪能して来ました。

その後、新宿線で九段下まで移動。
1時を回ってしまったのでお昼は抜き。
出掛けに食べたせいか、あまりお腹も空いていません。
参道に入ってびっくり、銀杏の木はまだ葉を落としていません。
その大きさと鮮やかな黄色にしばし見惚れてしまいました。
PAP_0117.jpg
…まだ秋じゃないですか、温かいんだなぁ。
PAP_0116.jpg

観賞刀は十一代兼定ばかりを16口と言う贅沢な内容でした。
よく集めたもんです。

刀の世界ではおよそ平安末期~室町期にかけて作られた刀を「古刀」と呼び、
その製作法の違いから大まかに山城伝・大和伝・備前伝・相州伝・美濃伝に分けられ、これを五ヶ伝と呼びます。
これまたおおまかに江戸時代を新刀と新々刀に分け、幕末の刀などは新々刀に入ります。
その新々刀の刀鍛冶は皆さん器用で一人で複数の製作法をこなします。
備前伝も出来るし相州伝も出来る、みたいな。

好みも分かれるかも知れませんが、綺麗な柾鍛えの刀が何口かありました。
刃文も湾れ、尖り刃、直刃と色々でした。
中には相州風によく沸え付いて乱れ、金筋・砂流しが盛んで働きの大変激しいものもありました。
つい山浦物に見えてしまいます。
こういうのは持っていて楽しいでしょうな。
(支部の大ベテランの刀剣商さんは松軒元興の作風だと仰ってましたが…)
あれでもう少し地景が入って板目だったら…山浦にも…見えない…?

この日は入札が無いので時間を気にせずノンビリ拝見出来ました。
小道具も逸品揃いで眼福でした。

夕方四時頃に散会、九段のラーメン屋「斑鳩」に寄り道。
ここは何年ぶりでしょうか、前来た時はすごい行列でした。
今日は土曜の夕方早めのせいか店内も空いていて楽に座れました。
あちこちに美味しいお店が出来ているので、もう行列も出来なくなったのかも…。
特製ラーメン、880円。濃厚な豚骨魚介スープ。
ikaruga.jpg
美味しかったです。

特に用事も無いのでそのまま寄り道しないで帰って来ました。
東京駅で叙々苑の焼き肉弁当を発見。
買いたかったんですが…2200円、しかもラーメン食ったばかり。
…諦めました、また今度。
東京は温かいんですが…佐久で新幹線降りると冷気に身が縮みあがります。
夜は普通に氷点下、下手したら雪になるかもしれません。

これで年内の観賞会・鑑定会は打ち止めのようです。…たぶん。

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

遠山光

  • 遠山光
  • マンガ家。
    長野県在住。1982年「ラジカルC調コネクション」でデビュー。
    主な作品・ハートキャッチいずみちゃん(1983)/おてやわらかにぴんく(1985)/胸キュン刑事(1987)/旅だて!Jr.(1989)/ティンクルティンクルアイドルスター(1992)/Tokyoヤドカリ物語(1993)/ハートにピアス(1995)/夢見てMIRAI(1997)/保健室 秘密の花園(2000)/特捜!ピーチポリス(2000)/秘密のアリス(2001)/派遣でイキます!ヒミツの美緒ちゃん(2003)/翼くんシリーズ(2005)/胸キュン刑事2みるくCC(2005)/のりうつれ幽介(2012)

単行本

オンライン

PCで読める漫画

e-bookjapan

e-bookjapan

e-bookjapan

Yahooコミック

オンデマンド

復刊コミックならココ!

講談社オンデマンド

DVD

カウンター