Loading…

続き。

Posted by 遠山光 on 19.2013 野球   2 comments
その後もつらつらとあのダブルスチールを考えてたんですが…。
次第にファーストランナーのミスであったような気がしてきました。
作戦はかなりの博打ではあったけど、監督はあの回になんとしても同点まで持って行きたかったんでしょう。
しかし「行けるようなら行け」と言う指示は何となく曖昧さがあっていかにも聞こえが悪いかな。
アウトになりやすいのはセカンドランナーの方なので、行く行かないの判断はセカンドランナーにあります。
ファーストランナーはその判断をするセカンドランナーの動きを良く見ていなければならなかった。
それをちゃんと見ていなかった。
「行く」のだと決めつけて走ってしまった。
あの時点でバッターは四番。ただここまでノーヒット。
監督も少しでも得点の確立を上げたくてランナー一・二塁を二・三塁にしたかった。
そこでのダブルスチール。
かなりの冒険です。
仮に成功してもその後、四番が凡退したら得点は入りません。
(実際に凡退してますし)
成功していたら名采配だったんですが…。

今思うと…あの状況だったら…博打に出ても仕方ないのかも知れません。
もう八回だしなぁ。
むしろ阿部をずっと四番で使い続けたのがよく分からないです。

相変わらず審判や日程、場所の問題もあります。
次回も参加する、しないはよく考えた方が良いなぁ。
スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.03.20 10:40 | | # [edit]
ドミニカの優勝で終わりましたね。
どうも色々と問題を残して侍ジャパンは終わりました。
四年後、もしもまた出るのならじっくり時間をかけて調整してもらいたいです。
タレントみたいな人には遠慮していただいて、限りなく現役に近い人に、また海外経験の豊富な人に監督・コーチをお願いしたいです。
選手には国内組だけでなく、出来ればメジャー組にも入っていただいて。
まだまだ先の話…と思っていると意外とあっと言う間に四年経っちゃうんですよね…。

土曜日、神田の鑑定会に行く予定です。
もう桜も満開でしょうか。帰りは花見かな?
2013.03.20 14:55 | URL | 遠山 光 #jj9FszSw [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

遠山光

  • 遠山光
  • マンガ家。
    長野県在住。1982年「ラジカルC調コネクション」でデビュー。
    主な作品・ハートキャッチいずみちゃん(1983)/おてやわらかにぴんく(1985)/胸キュン刑事(1987)/旅だて!Jr.(1989)/ティンクルティンクルアイドルスター(1992)/Tokyoヤドカリ物語(1993)/ハートにピアス(1995)/夢見てMIRAI(1997)/保健室 秘密の花園(2000)/特捜!ピーチポリス(2000)/秘密のアリス(2001)/派遣でイキます!ヒミツの美緒ちゃん(2003)/翼くんシリーズ(2005)/胸キュン刑事2みるくCC(2005)/のりうつれ幽介(2012)

単行本

オンライン

PCで読める漫画

e-bookjapan

e-bookjapan

e-bookjapan

Yahooコミック

オンデマンド

復刊コミックならココ!

講談社オンデマンド

DVD

カウンター