Loading…

合同鑑定会。

Posted by 遠山光 on 24.2014 日本刀   0 comments
先月も今月も体調悪かったり雪降ったりで鑑定会にあまり行けませんでした。
日曜日、久しぶりに鑑定会に行って来ました。
今回は戸倉で地元二支部の合同鑑定会です。
駅から会場まで歩くのは辛いのでタクシーで。
今回、観賞刀も鑑定刀も本部からの刀では無く地元からのものでした。
見知りが全く無いのは緊張しますが勉強になりますな。
講師、判者は支部役員さんと刀屋さんが担当。

三本入札
①短刀 身幅やや細く内反り 重ね薄い。
板目肌、耳型の互の目が連れる。互の目の頭に強い沸え。
金筋、沸え筋入る。棟長く焼き下げる。長義で当り。

②刀 元先で幅差付き先反り。鎬高く、よく詰んだ板目に地景入る。
よく見ると映りがあるか…な?匂い口の締まった直刃。
刃中ほつれ食い違い、二重刃風、打ちのけ、小足、葉交る。
大和にも山城にも見え、末青江で通り、康光で能、祐定で当り。
代五貫文、有名な刀でした。

③脇差 先反り付いた平作りの脇差。三つ棟。ザングリとした板目。
表に腰樋と添え樋、裏に素剣。
湾れに互の目。沸え付く。国廣で当り。

④刀 元先で幅差付き反り浅い寛文新刀姿。小板目良く詰む。
大互の目乱れ、濤乱風。玉交る。柔らかい沸え良く付く。大阪焼き出し。
照包で能、助廣で当り。どうも自信もって助廣に入れられないです。

⑤脇差 薙刀直し作り。板目詰む。互の目丁子乱れ、金筋砂流し交る。
正行でした。清人で同然。

一本入札  短刀
杢目交えた板目肌、よく詰み地景交る。
小沸え付き締まった直刃。匂い口明るい。
宇多国宗で入れてしまいました。なんと十一代兼定。

代五貫文の祐定、初めて見ました。
刀剣書ではよく見かけますが、写真では働きがよく見えずまさかこういう刃だったとは。改めて姿を見ると末古刀なんですが、すぐには気付きませんでした。
難しい刀で行列が出来ていました。

観賞刀も地元から。
保昌の在銘短刀、清麿、正雄、宝寿等々。
正雄は表裏で刃文の異なる作でした。
この作風は意外とあるのだとか。眼福でした。

戸倉もかなり寒かったです。
足元も悪いわ寒いわで温泉どころではなかったです。
あまり歩かなかったのに何故か疲れました。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

遠山光

  • 遠山光
  • マンガ家。
    長野県在住。1982年「ラジカルC調コネクション」でデビュー。
    主な作品・ハートキャッチいずみちゃん(1983)/おてやわらかにぴんく(1985)/胸キュン刑事(1987)/旅だて!Jr.(1989)/ティンクルティンクルアイドルスター(1992)/Tokyoヤドカリ物語(1993)/ハートにピアス(1995)/夢見てMIRAI(1997)/保健室 秘密の花園(2000)/特捜!ピーチポリス(2000)/秘密のアリス(2001)/派遣でイキます!ヒミツの美緒ちゃん(2003)/翼くんシリーズ(2005)/胸キュン刑事2みるくCC(2005)/のりうつれ幽介(2012)

単行本

オンライン

PCで読める漫画

e-bookjapan

e-bookjapan

e-bookjapan

Yahooコミック

オンデマンド

復刊コミックならココ!

講談社オンデマンド

DVD

カウンター